レビュー

【潤静~うるしずレビュー】敏感肌やアトピーにおすすめ!アトピーの私が使用した結果は?

うるしず

この記事まとめ

敏感肌やアトピーの人は肌が乾燥するので、保湿力の高いスキンケア商品を求めています。

今回は潤静(うるしず)を実際に使用し、アトピー肌の私が、肌の潤い状態をレポートしてみました。

肌のかさつき、ゴワゴワは消えるのか?

実際の結果はどうなったのでしょうか?

敏感肌やアトピーの方って本当にスキンケア用品には気を使います。そして、肌が弱いのでなかなか肌に合うものを探すのも至難の業だったり。

実際に私も小さい頃からアトピーに悩まされている者の一人です。そして私の子供も遺伝してしまい、肌が弱いんです。。

そんな中出会った商品が潤静になります。

本記事は、

  • アトピーや敏感肌にお悩みのお子さんや大人の方
  • 肌が弱い方やカサカサが酷い方
  • ごわごわの肌を治したい方

へ向けた内容をお届けしていきます。

敏感肌、アトピーなどの悩みをお持ちの方へ向けて開発された低刺激で高保湿のローションをご紹介していきますね。

さわさい
さわさい
子供達も使用しているし、大人でも使用できるよ。

潤静を使用してみた結果は?

うるしず うるしず

わたしは幼少期からアトピーがひどく、大人になってからも、肌自体落ち着いてはいますが、季節の変わり目などは、乾燥肌から来る痒みなどに未だ悩まされています。

そして、長女も私の遺伝を見事に受け継いでしまいました(涙)。先日は2人して皮膚科を受診。定期的に皮膚科を受診しないと肌がボロボロになります。

そんな私達ですが、新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】を使用して1ケ月経ちました。

肌の潤いがとにかく続くので、潤静~うるしず~乾燥肌に悩まされている人でも安心なんです。

使用し始めの1週間くらいは、正直あまり効果を感じられませんでした。

その後一番効果を感じられたのは、長女がお風呂上りに使用して、朝でも肌がゴワゴワしていないことでした。

さわさい
さわさい
これにはおどろいたね。それぐらい長時間持つんだね。

潤静の効果は?

うるしず

引用:潤静(うるしず)公式HP

潤静~うるしず~の成分は上記の写真にもあるように、肌を保湿するサポート成分がたくさん含まれています。

ポリグルタミン酸

納豆菌が作り出すネバネバのことを超高分子PGAといいます。ヒアルロン酸やコラーゲンよりも保湿力が高くなります。肌が薄い膜を張るのでうるおいが長時間続くんですね。

さわさい
さわさい
お肌が持っている水分を保持する力があるんだって。
ポン
ポン
使い続けると健やかな肌に導けるんだね。

発酵プラセンタ

プラセンタの美容効果は以前から知られています。そして、保湿効果をサポートするアミノ酸の量が多く美容と健康に効果があります。

プラセンタ、あるいはプラセンタエキス胎盤抽出物胎盤漿(英語: Placental Extract, Placenta Extract)は、胎盤から抽出した成分。日本の処方箋医薬品としての注射剤の商品には更年期障害・乳汁分泌障害の適応があるメルスモンと、肝機能の改善のラエンネックがあり、プラセンタ製品最古の栄養剤ビタエックスなど、経口の一般医薬品や健康食品も流通している。化粧品では日本の医薬部外品の美白有効成分として使われている。

引用:Wikipedia

潤静はこんな人におすすめ!

うるしず

潤静(うるしず)をおすすめしたい人は、

  • 肌が弱いお子さん(大人もOK)
  • アトピー性皮膚炎をお持ちの人
  • 敏感肌の人

このようなタイプの人におすすめしたい商品となっています。

では次に、天然由来成分のご紹介をします。こちらもチェックしてみてくださいね。

11種類の植物由来成分!

  1. ゆず果実エキス
  2. ソメイヨシノ葉エキス
  3. オウゴン根エキス
  4. ダイズ種子エキス
  5. アロエベラ葉エキス
  6. ドクダミエキス
  7. クズ葉エキス
  8. クロレラエキス
  9. サンショウ果実エキス
  10. スイカズラ芯エキス
  11. グレープフルーツ果実エキス
さわさい
さわさい
こんなにも色々な成分が含まれているんだね。

 

潤静(うるしず)アトピー口コミ

公式の口コミをピックアップしてみました。

さわさい
さわさい
良かったですの口コミが多かったよ。

 

まとめ

うるしず
  • 潤静(うるしず)は敏感肌やアトピーの人へおすすめ商品
  • ヒアルロン酸よりすぐれた保湿力のポリグルタミン酸が長時間の保湿力をキープ

いかがでしたでしょうか。潤静は赤ちゃんや子供、肌の弱い大人の人へおすすめしたい商品となっています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。