ライフスタイル

【日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020】トヨタ新型RAV4が受賞!

新型RAV4
さわさい
さわさい
今年の顔「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が発表されました。なんと、トヨタ新型RAV4が選ばれたんです。

そこで、このすばらしき受賞内容をまとめていきます。

第40回日本カー・オブ・ザ・イヤーにトヨタ・RAV4

RAV4

引用:トヨタ公式HP

2019年12月6日、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が東京国際交流館で開催されました。

そこで、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのが、トヨタ・RAV4なんです。

日本自動車連合会が発表する2019年上半期(4月~9月)の販売代数でもSUV部門で首位を獲得しました。

授賞理由

日本市場に復活となったグローバルカーのトヨタRAV4は新時代のSUVとしてあらゆるニーズに高いレベルで対応した。3種類の4WDシステムなどのパワートレーンと最新のプラットフォームの組み合わせによる走りは快適性、楽しさともに秀逸。またラゲッジスペースは広く、使い勝手も良好。さらにDCMを全車標準装備とした上でリーズナブルな価格設定としたことも高く評価した。
※DCM:Data Communication Module(専用通信機)

引用:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HP

RAV4(4-9月)39,299(販売台数)

引用:日本自動車販売台数連合会

さわさい
さわさい
これはスゴイね。うれしくなったよ。 受賞内容も納得!
RAV4グッズ
【あったら便利!】トヨタ新型RAV4で買うべき、おすすめグッズ4選! そんなわけで本記事では「新型RAV4で買うべき、おすすめ新型RAV4グッズについて書いていきます。 気にな...

日本・カー・オブ・ザ・イヤーって何?

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、日本のモータリゼーションの発展とコンシューマーへの最新モデルおよび最新技術の周知を目的として、1980年に創設されました。
現在、一般社団法人 日本カー・オブ・ザ・イヤーが構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会の手により運営されています。
選考対象となるクルマは、前年の11月1日より当年の10月31日までに日本国内において発表された乗用車で、60名を上限とした選考委員の投票によって決定されます。
また、その年を代表するクルマとなる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が日本メーカー車だった場合、海外メーカー車でもっとも多く得票したクルマに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられます。
さらに3つの部門賞、「イノベーション部門賞」、「エモーショナル部門賞」、「スモールモビリティ部門賞」と「実行委員会特別賞」が設けられています。
1980年の創設以来「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、文字どおり日本を代表する“クルマの賞典”として、世界からも高く評価されています。

引用:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HP

さわさい
さわさい
1980年から創設された賞なんだね。知らなかった。

2019-2020年カー・オブ・ザ・イヤーランキング

1位トヨタRAV4
2位マツダMAZDA3
3位BMW3シリーズ セダン
4位トヨタカローラ/カローラツーリング
5位ジャガーIーPACE

引用:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HP

案内人
案内人
今回トヨタは2台もベスト5の中にランクインしていてすごいね。
トヨタ新型RAV4の納車はいつになる?納期1ヶ月?最新情報!2019年4月に発売された新型RAV4。我が家は受注が開始された3月から契約していましたが、ついに待ちに待ったRAV4のアドベンチャーが...

まとめ

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤーにRAV4が決定
  • ベスト5の中にトヨタ車2台もランクイン

私自身、受注段階からRAV4を発注し、いち早くユーザーになった一人としてRAV4が日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたことをとてもうれしく思います。これからもトヨタさんにステキなモノ作りをしていただけるよう、応援していきたいです。

本当におめでとうございます。